新たなバイオのエンジンSingle Cell Biologyが、再生医療とがん治療をこう変える

ここ1~2年で急速に生命科学や先端医学に浸透しつつあるSingle Cell Biologyは、21世紀のバイオテクノロジーを変革する成長エンジンです。
これにより、いままで想像もできなかった多細胞生物の実態が次々と明らかにされつつあります。一言で言えば、身体の組織や臓器を構成する細胞の多様性である。従来、受精卵から分化した各組織を構成する細胞は均一であると想定されていました。がん組織すら今までは一つのがん細胞からがん組織が形成される均一なモノクローナルな組織であると想定されていました。しかし、Single Cell Biologyがその常識を覆してしまいました。個々の細胞を解析すると、我々の組織が分化の中間過程で極めて多様な細胞群から動的に産み出されていくことも明白となっています。更に、がん組織は多様ながん細胞によって構成され、抗がん剤に対する抵抗性や転移などを引き起こしていることも判ってきました。
Single Cell Biologyが解明する正常組織やがん組織などの疾患組織の動的な多様性や動的な平衡現象こそが、現在、我々が直面している大きな課題の、再生医療における細胞の品質管理や臓器の再生、そしてがん撲滅などを実現する決定的な手掛かりを提供します。製薬企業、診断薬企業、医療器機関連企業と生命科学の研究者の方々に必見のセミナーです。
今回は内外から先端研究者を招き、Single Cell Biologyの最先端を紹介するとともに、既に起こりつつある再生医療とがん治療の変革を紹介します。また、今後のSingle Cell Biologyの発展や実用化の課題などを議論するパネルディスカッションを受講者の皆様と展開したいと思っております。
皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時
2014年6月17日(火) 12:25~17:45(12:00開場)
会場
秋葉原コンベンションホール
主催
日経バイオテク/日経バイオテクONLINE
協賛
フリューダイム株式会社、タカラバイオ株式会社
定員
200名 ※定員に達し次第、申し込みを締め切ります。
新たなバイオのエンジンSingle Cell Biologyが、再生医療とがん治療をこう変える
受講料
(税込)
『日経バイオテク』読者:8,000円 (このページからお申し込みください)
『ファーマビジネス』読者:8,000円 (契約ご担当者にお尋ねください)
『日経バイオテクONLINEメール』読者:12,000円 (メルマガからお申し込みください)
一般:15,000円 (このページからお申し込みください)

プログラム ※変更になる場合があります

2014年6月6日現在
12:25~12:30

開会挨拶

日経BP社 医療局特命編集委員 宮田 満
12:30~13:10

一細胞トランスクリプトームと細胞分化

東京大学 先端科学技術研究センター 教授 油谷 浩幸氏
13:10~13:50

Single cell biology: genomics and proteomics from the individual cell.

Gajus Worthington氏 CEO, Fluidigm Corporation
※本セッションには英語→日本語の同時通訳が入ります。
14:00~14:40

シングルセルRNA-seqによって細胞初期化・分化を超高解像度で見る

京都大学 iPS研究所 特定拠点助教 グループリーダー 渡辺 亮氏
14:40~15:20

一細胞解析支援ツールとサービスのご紹介

タカラバイオ株式会社 執行役員 CDMセンター センター長 北川 正成氏
15:20~16:00

Single Cell Systems-Structured View of Cancer and Immunology

Garry Nolan氏 Professor Stanford University, Microbiology & Immunology - Baxter Lab
※本セッションには英語→日本語の同時通訳が入ります。
16:10~17:45

パネルディスカッション

全登壇者 ファシリテーター 宮田 満

事前の受講申込は終了いたしました。
多数のお申し込み、ありがとうございました。

お申し込みに際しての注意
  • ご登録いただいた情報は、セミナーへの出席/欠席にかかわらず、本セミナーの事務連絡のほか、日経BP社および日経BPグループ会社からの各種お知らせ(刊行物、展示会、セミナー等)やアンケート、広告主等の製品やサービスのご案内に利用させていただく場合があります。
    またこれ以外に、協賛社(フリューダイム社、タカラバイオ社)からも直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などに利用させていただく場合があります。同意の上、お申し込みください。
    ※日経BP社が登録情報をとりまとめ、協賛社に第三者提供いたします。それ以降は、協賛社の責任において管理されます。
  • 受講料のお支払いは、受講証と一緒にお届けする請求書でのお支払い、もしくはお申し込み時にクレジットカードでのお支払い、いずれかをお選びください。
  • 「日経バイオテク」読者料金にて受講申し込みをされる場合は、「510」から始まる10桁の読者番号が必要です。
    読者番号はニューズレターを郵送する封筒の宛名ラベルに記載しています。
  • 「日経バイオテクONLINEメール」読者料金にて受講申込をされる場合は、メールマガジンでご案内しているWebサイトからお申し込みください。このページではメルマガ読者料金でのお申し込みができません。
  • ファーマビジネスご利用者様からのお申し込みについては、各社ご契約担当者様宛にご案内をしておりますので、ご担当者様宛にお問い合わせください。
個人情報保護方針について

日経BP社は皆様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。
詳細はこちらへ(別ウィンドウが開きます)。→「個人情報保護方針ネットにおける情報収集個人情報の共同利用について

日経BP社 読者サービスセンター
お問い合わせフォーム

「6月17日のバイオテクセミナー」とお伝えください。