日本発・創薬革命 ~オープンイノベーション時代を担う先端ベンチャー~

医薬品の研究開発の効率低下が指摘される中で、製薬企業ではオープンイノベーションへの取り組みにますます力を入れようとしています。一方、日本ではバイオベンチャーが育たないと言われていますが、製薬企業によるオープンイノベーションの受け皿となるような技術力を有するベンチャーが着実に育ちつつあります。
今回は、「日本発・創薬革命―オープンイノベーション時代を担う先端ベンチャー」と称して、日経バイオテク編集部の目利きで選んだ日本の有力バイオベンチャーに登壇いただき、技術・ビジネスモデル等のプレゼンテーションをしていただくとともに、本当に有力なバイオベンチャーが伸びていくために、周辺環境(エコシステム)はどうあるべきか、といったことを議論したいと考えています。ユニークな技術、戦略のベンチャーをご紹介しますので、皆様どうぞふるってご参加ください。

日時 2012年12月20日(木) 12:30 ~ 18:00(予定)
会場 コクヨホール(東京・品川)
主催 日経バイオテク/日経バイオテクONLINE
協賛 ボナック、ジーンフロンティア、ジーンテクノサイエンス
定員 150名
受講料 「日経バイオテク」読者/8,000円
「日経バイオテクONLINEメール」読者/10,000円
一般/15,000円
(※ 全て消費税込み)
事前の受講申込は終了いたしました。
多数のお申し込み、ありがとうございました。
プログラム(予定)※プログラムは変更になる場合があります。
時間 内容
12:30 ~ 12:35

開会挨拶

日経バイオテク編集長 橋本 宗明

12:35 ~ 13:15

基調講演 [1] 「オープンイノベーション時代に製薬企業が考えていること」

エーザイ プロダクトクリエーション本部 事業開発部長 鈴木 蘭美 氏

13:15 ~ 13:45

「ジーンフロンティアの独自技術をベースにした抗体および次世代抗体事業」

ジーンフロンティア 取締役 最高執行責任者 海老原 隆 氏

13:45 ~ 14:15

「バイオ医薬品をめぐるビジネスモデル」

ジーンテクノサイエンス 代表取締役社長 河南 雅成 氏

14:15 ~ 14:30

休憩

14:30 ~ 15:00

「進化するRNAi創薬ビジネス」

ボナック 事業戦略本部 取締役本部長 水谷 隆之 氏

15:00 ~ 15:10

「沖縄県のバイオ・創薬関連産業振興の取り組み」

沖縄県 商工労働部 産業振興統括監 安里 肇 氏

15:10 ~ 15:40

「特殊ペプチド創薬のペプチドリームの戦略」

ペプチドリーム 代表取締役社長 窪田 規一 氏

15:40 ~ 16:20

基調講演 [2] 「ライフイノベーション -我が国における創薬事業の発展に向けて-」

経済産業省 製造産業局 生物化学産業課長 江崎 禎英 氏

16:20 ~ 16:30

「次世代バイオ医薬品開発・生産を通じたソリューションビジネスの展開」

UMNファーマ 取締役財務部長 橋本 裕之 氏

16:30 ~ 16:45

休憩

16:45 ~ 17:45

各登壇者によるパネルディスカッション

モデレータ:橋本宗明
パネリスト:全登壇者(8名)

※18:00 終了予定。

※講師、講演のテーマ、時間などは一部変更になる場合があります。

事前の受講申込は終了いたしました。
多数のお申し込み、ありがとうございました。
お問い合わせ先
日経BP読者サービスセンター セミナー係

お問い合わせはこちら
TEL:03-5696-1111
(土日祝日を除く9時~17時)
※電話でのお申し込みはできません。