中国 創薬・再生医療シーズ 交流・商談会 バイオ医薬品分野で中国進出をお考えの企業様へ 交流・商談会と現地企業視察
本イベントは中止となりました。
中国では2011年に始まった第12次五カ年計画の中でバイオ医薬品産業を推進する方針が掲げられ、現在、数多くの中国の製薬企業が医薬品のシーズを探索しています。
そこで『日経バイオテク』では、日本の製薬・再生医療企業、創薬ベンチャーを対象に、中国の製薬企業の経営者やライセンス担当者を紹介する交流・商談会を開催することにしました。中国側からは、中国国外で上市済みもしくは開発中の低分子の医薬品、バイオ医薬品やワクチンなどの生物学的製剤、再生医療、細胞医薬、遺伝子治療薬などのシーズに興味のある企業が多数参加予定です。日本の参加企業の皆様には、1社ごとにプレゼンテーションおよび個別商談会(逐次通訳付き)の機会をご用意させていただきます。
さらに、中国医薬品開発の専門家による医薬品行政の最新動向や医薬品開発のニーズに関する講演や北京市内の製薬企業などの視察ツアーを実施いたします。
中国企業との良好なパートナー関係を築く絶好のチャンスであると同時に、講演・視察を通して中国における製薬ビジネスの理解を深めていただけるものと確信しております。皆様のご参加を心よりお待ちしています。


会場 中国 北京市 京倫飯店(ジンルンホテル)、製薬企業視察
〒100-020 中国北京朝陽区建国門外大街3号
期日 2012年12月5日(水)~7日(金) 現地集合・解散
参加費 第1次申込締切 10月9日(火)までの申し込みの場合、1社1名15万円(消費税込)
第1次締切を延長しました。
10月10日(水)以降申し込みの場合、1社1名20万円(消費税込)
同一企業で複数名参加の場合、2人目以降は5万円(消費税込)
※渡航・宿泊費別、スケジュールに記載の食事は含みます。
※プレゼンテーション・商談ブースは、1社につき1枠提供いたします。
最少催行社数 10社、最大20社程度予定
第1次申込締切 2012年10月9日(火) 第1次締切を延長しました。
※最大催行社数に達した場合など、締切日前でも受付を終了する場合があります。
 お早めにお申し込みください。
主催 日経バイオテク
協力 北京日豊泰達国際医薬科技有限公司
参加対象 中国での事業パートナーを探している企業。自力では中国で事業展開するリソースはないが中国市場で自社シーズの研究開発や事業化を考えている製薬企業が対象です。創薬ベンチャーの方もご参加いただけるようお手伝いいたします。


<中国側参加企業について>

中国化学製薬工業協会(CPIA)などの協力を得て、中国資本の製薬企業が30社から50社程度参加する予定。中国化学製薬工業協会は1988年設立、現在373社が加盟。中国国内の化学薬品の売上の80%を会員企業で占める、中国を代表する製薬団体。

本イベントは中止となりました。



スケジュール(予定)会場地図および詳細日程などは後日受講票に同封してお届けいたします。
日 時間 内容
12月5日
(水)
14:30 京倫飯店にて受付開始
15:00 ~ 16:00
【講演1】
中国バイオ医薬業界の方向性 ~12期5カ年計画の影響~ (予定)
于 明徳先生〈中国医薬企業管理協会 会長〉

講師略歴
遼寧省医薬管理局局長、国家医薬管理局 財務・市場流通司 司長、国家経済貿易委員会 医薬司 司長 を歴任、現在、中国医薬企業管理協会 会長。
長年、中国医薬品生産・流通・産業発展戦略と医薬企業改革の仕事を担当。

16:00 ~ 17:00
【講演2】
中国の医薬市場の現状と中国製薬企業の求めているシーズ(予定)
蔡 天先生〈博信投資有限公司 董事〉

講師略歴
ハルピン誉衡薬業有限公司CEO、香港聨邦製薬有限公司CEOを歴任、現在、博信投資有限公司 董事。
長年、医薬企業の運営管理及び企業への投資事業に従事。

17:00~19:00頃
ウェルカム・パーティ
12月6日
(木)
8:30 京倫飯店にて受付開始
9:00 ~ 13:00
各社プレゼンテーション(1社30分以内)
13:00 ~ 14:00 京倫飯店にて昼食
14:00~17:30
商談会
17:30~20:00頃
北京市内にてイブニング・パーティ
12月7日
(金)
9:00~12:00頃
北京市開発区、製薬企業、研究施設などの視察
13:00 北京にて解散(13:00 京倫飯店 または、13:30 北京首都国際空港)
※講演テーマ、講師、タイムテーブルなどは変更になる場合があります。



プレゼンテーション・商談会について

12月6日(木)9:00~13:00、ホテル内の2つの会場を使って、中国企業向けに1社30分以内(逐次通訳を含む)でプレゼンテーションをお願いします。

プレゼン資料は、当日配布用に事務局にて翻訳・印刷し、パワーポイントのデータもご用意いたします(最大24枚、10/31(水)事務局あて提出。詳細は別途ご案内します)。

2会場それぞれ日本語から中国語への、逐次通訳を行います(追加料金不要)。中国語・英語で講演いただく場合には直接お願いします。

また、14:00~17:30までの商談会にも通訳を手配いたします(追加料金不要)。

※参加お申し込み受付後、会場地図・詳細日程表に加えて、企業・対象品目アンケートをお届けします。
  会社概要、対象品目・開発段階・特許取得状況等の情報をご提出いただき、事務局にて商談案件リストを作成します。
  事前にこのリストを中国参加企業に案内し、当日の商談会をスムーズに進められるようお手伝いいたします。

※なお、プレゼンテーション・商談会については、主にeメールにてご連絡をさせていただきます。
 FAXでお申し込みの際は、申込用紙のeメールアドレス欄に、必ずアドレスをご記入ください。

本イベントは中止となりました。



日経BP読者サービスセンター セミナー係
日経BP読者サービスセンター セミナー係

お問い合わせはこちら
TEL:03-5696-1111
(土日祝日を除く9時~17時)
※電話でのお申し込みはできません。