日経バイオ年鑑2016

【発行日】
2015年12月16日発行
【編集】
日経バイオテク編集部
【判型・頁数】
B5判、1,134ページ
【ISBN】
978-4-8222-0075-6
【発行】
日経BP社
【定価】
98,000円(本体90,741円)
日経バイオ年鑑2016 -研究開発と市場・産業動向-
お申し込みはこちら

※ 2015年版とのお得なセット商品もございます。

12月15日まで特別特価で申込受付中!
バイオテクノロジー分野の決定版!
製品分野別の市場、事業化、開発動向がデータでわかる

バイオ業界における研究開発や事業化の最新動向、将来展望を集大成した「日経バイオ年鑑」。近年のバイオ分野で特に注目されている癌免疫療法、ゲノム編集、核酸医薬などを詳細にレポートしています。2016年版では、医療・診断・医療機器の分野別各論を大幅に拡充しました。
本書の内容は、オンラインでもご利用いただけます。研究開発・事業の戦略立案、市場性調査、投資判断などの参考データとして、ぜひご活用ください。

2016年版の特長

目次
1. 製品分野別に市場・開発動向がわかる重要データを網羅
  • 2015年の国内市場動向
  • 4分野(医薬・診断、化成品、食品・農業、バイオサービス・装置)の市場と研究開発の動向
  • 特に、医薬・診断・医療機器分野を大幅拡充
    疾患領域別に、製品の売上動向やパイプラインの現状、医薬品の開発動向を詳説。例えば、癌領域を部位別に分類解説し、制吐薬や疼痛治療薬の市場動向や研究開発の現状も紹介します。糖尿病では、網膜症や神経障害、腎症など合併症の治療薬の市場や開発動向も解説します。
2. 業界の指針がわかる、注目企業のキーパーソン・インタビュー
  • 「疾患別に治療手段検討、癌免疫にも布石」(アステラス製薬)
  • 「遺伝子治療、細胞加工で先行、リードあるうちに成果を上げる」(タカラバイオ)
  • 「遺伝子も細胞も扱う、再生医療にも参入」(シスメックス)
  • 「先行して製造技術を確立すれば、無視できない存在になれる」(大日本住友製薬)
3. 2016年のトレンドや前年成果を網羅した特別リポートを大幅に拡充
  • 次世代型の癌免疫療法の開発の現状と今後の展望
  • 革新が進む、ゲノム編集技術
  • NGSが切り拓く、新たな診断
  • 新法の施行で注目を集める再生医療、事業化に必要な品質管理の開発動向
  • 核酸医薬開発のノウハウと次世代薬の開発動向
  • 欧米の製薬企業の決算動向と今後の展望
  • 国内医薬品市場の現状と今後
  • ヒト関連データベースは、今後どう展開していくか
    など、注目トピックを深く掘り下げ、将来を展望します。
「日経バイオ年鑑2016」ONLINE版アクセス権の設定

本書内容をオンラインでもご利用いただけます。

  • 全文検索はもちろん、組織名・対象物質名・開発段階・研究開発成果や製品概要などからも必要情報を一発検索できます。(アクセス権は2016年末まで有効)

※日経BP書店で購入の場合は、発行直後に、お申し込み時の登録メールアドレス宛にログインID/パスワードをお送りします。ご登録アドレスが日経IDに登録済みの場合は、同じIDでログインできます。

  • 発行日以降のお申し込みの場合、本書到着後10日前後でメールにてお知らせします。
  • 日経BP書店以外でご購入いただいた方は、本書同封の「愛読者ハガキ」をご利用ください。

※同時に、「日経バイオテクONLINEメール」を新規ご登録(無料)いたします。週4回お届けするメール配信サービスです(ご登録済みの場合は、そのままご利用いただけます)。

お申し込みはこちら
バイオ年鑑2016

2016年版

定価:98,000円

(本体90,741円)

日経BP書店で購入する
バイオ年鑑2016セット

セット

セット特価:166,000円

(本体153,704円)

日経BP書店で購入する
バイオ年鑑2015

2015年版

定価:98,000円

(本体90,741円)

詳しい内容はこちら